HOME リンク サイトマップ 個人情報について




南1病棟 新人看護師 野中彩華


  就職して1ケ月が経ち、印象に残っていることを教えてください。

  言葉での会話ができなくても、表情や仕草から
  患者さんの要望を理解することができ、応えられたときに
  患者さんの笑顔が見られたことです。




  あきた病院を選んだ理由を教えてください

  高校生の時に看護体験に参加しました。
  慢性期ならではの時間の流れの中で、患者さんと長く関われる所に
  魅力を感じました。




  看護師を目指す皆さんへ

  学生の時にしか体験できない事や感じられない事が沢山あると思います。
  看護を楽しいと感じた瞬間を大切に持ち続けて下さい。
  応援しています!!





東4病棟 新人看護師 中谷美希


  就職して1ケ月が経ち、印象に残っていることを教えてください。

  毎日数名の患者さんのカンファレンスが開かれていることに、最初は驚きを
  覚えました。
  その人のこれまで生きてきた人生の背景を共有し、その人らしさを見つけて
  いく姿勢にとても感銘を受けました。また看護計画をみんなで見直すことで、
  よりその人に合った個別性のある看護を提供することができます。改めて
  患者中心の看護の大切さを理解し、あきた病院に就職してよかったと思いました。



  あきた病院を選んだ理由を教えてください

  インターンシップに参加したときに、廊下などにたくさん写真があると感じて
  いました。イベントや普段の生活風景などに写真とコメントが沢山書かれていて
  一緒の時間を共有しているような気持になりました。また、どの病棟に見学に行
  っても患者さんやスタッフの笑顔があり、アットホームな空間が広がっていました。
  このような笑顔があふれる環境で一緒に看護がしたいと思い、あきた病院を選び
  ました。



  看護師を目指す皆さんへ

  あきた病院は新人さんへの教育が手厚く、周りのスタッフの皆さんもとても優しい
  です。ぜひ、あきた病院へ!待ってます!





北3病棟 副看護師長 佐々木晃一(パパナース)


  看護師になって、やりがいや楽しいと感じたことはなんですか。

  看護師は患者さんと多くの時間を共有でき、患者さんにとっても一番身近な
  存在です。患者さんが困っていることや希望していることをどうしたら実現で
  きるかをスタッフみんなで考え、ケアや関わり方などを試行錯誤し、医師や
  リハビリなどの他職種と協力して、患者さんが笑顔になってくれたとき、感謝
  の言葉を掛けてくれたときなどにやりがいや楽しさを感じます。



  あきた病院を選んだ理由を教えてください

  私はあきた病院のある岩城地区の出身で、あきた病院には子供の頃から風邪や
  ケガの時にお世話になることが多く思い入れのある病院でした。また、看護師
  になった際には、患者さんにじっくり関わりたいという自身の想いから、「患者
  さんの気持ちに寄り添い、安心・安全の看護を目指します」という看護部の理念
  に惹かれ、あきた病院を選択しました。



  看護師を目指す皆さんへ

  私は看護師になる以前は他の職種で働いていた経験があります。その経験から
  考えると、看護師という職業は他の職種では得られない、やりがいや達成感の
  あるすばらしい職業だと思っています。今後は様々な社会背景をもとに看護師
  に期待される役割はどんどん拡大していくと思いますので、ぜひ看護師をめざ
  しがんばって欲しいと思います。





東4病棟 看護師 佐藤君美


  看護師になって、やりがいや楽しいと感じたことは何ですか

  看護師になって8年目になりました。慢性期では患者さんが、その人らしく
  過ごせるように援助することが重要です。どんなに患者さんの為にと考えた
  事でも、別の視点から見ると逆効果になってしまうのではないかとカンファ
  レンスをすることもあります。

  患者さんの全てを理解することは難しいことですが、スタッフ全員で様々な
  視点から実践した看護ケアを評価することで新たな発見や学びがあります。

  また急性期を経験した先輩看護師の方ばかりなので、慢性期だけでは学べない
  知識や技術を習得できやりがいを感じています。




  あきた病院を選んだ理由を教えてください。

  あきた病院では様々な人工呼吸器を取り扱っており、
  人工呼吸器管理に関連した院内研修も多く自分自身のスキルアップに
  繋がるのではないかと考えたからです。




  看護師を目指す皆さんへ

  いま大変な環境で学ばれている皆さんは、逆境を乗り越える力が備わっていると
  思います。そんな皆さんだからこそ自信をもって頑張ってほしいです。
  そして、あきた病院で一緒に働けることを楽しみに待っています。



南2病棟 副看護師長 工藤優紀(ママナース)


  看護師になって、やりがいや楽しいと感じたことは何ですか

  患者さんが日々の生活を笑顔で過ごされている時や、私たちのちょっとして
  サポートで出来ることが増えたり、出来ることを一緒に喜んだりすることに
  やりがいを感じています。また私は副看護師長として働いていますが、副看
  護師長となったことで視野が広がり今までとは違う視点から患者さんを看護
  するということにもやりがいを感じています。




  あきた病院を選んだ理由を教えてください。

  医療行為の多い看護ではなく、患者さん一人ひとりとじっくり関わることで、
  その人らしさを知り看護の可能性や楽しさを実感したいと思ったからです。
  また私は子どもが二人いるのですが、あきた病院は子育てに関する理解や支援
  が多く、ママさんナースも働きやすい職場だと思います。




  看護師を目指す皆さんへ

  私は看護師になって10年以上になりますが、看護師になって良かったと思うこと
  も辛いと思うことも沢山ありました。これまでに沢山の患者さんや職場の仲間に
  出会い、多くの学びがありました。看護師の仕事の面白さは「看護をする」と
  いう行為はもちろん、人と関わり合うことで自分の価値観や人生観も変化していく
  というところにあると思います。
  みなさんとあきた病院で働けることを楽しみにしています。





東5病棟 看護師 小松哲也(プリセプター・パパナース)




  看護師になって、やりがいや楽しいと感じたことはなんですか。

  患者さんと接していて何気ない朝の挨拶や世間話をしていたときに患者さんや
  家族の方から「あなたと話していると気持ちが明るくなる」と声を掛けていた
  だいたことや、夜勤でナースコール対応をした際に、「あなたが夜勤なら夜も
  安心できる」と言われた時にとても嬉しかったです。

  患者さんに信頼され認めてもらったような感じがして看護師をやっていて良か
  ったと思いました。また、以前勤務していた病棟の患者さんと会った際に話し
  かけくれて「戻ってきてよ」といわれた時に、一生懸命にやっていてよかった、
  自分を必要としてくれる人がいるんだなと喜びを感じました。
  このような患者さんからの言葉が自分の励みと原動力となっています。



  あきた病院を選んだ理由を教えてください

  就職前に施設見学をさせていただいた時に、重症心身障がい児病棟、筋ジス病棟で
  言葉を話せない、意思表示できない患者さんとじっくり向き合い、少しでも要望
  に沿えるよう非言語コミュニケ−ンや観察力をフルに発揮して患者さんと接して
  いるスタッフの姿を見て、自分も患者さんとじっくり関わる看護がしてみたいな
  と思った事と、人工呼吸器を使用して過ごされている患者さんが多いため、呼吸
  器装着患者さんとの関わりや援助を通して自身の知識や技術のスキルアップを図
  りたいと思いました。
  また、病院自体の設備や環境も良く働いているスタッフの雰囲気がとても良かっ
  たからです。



  看護師を目指す皆さんへ

  具合の悪かった患者さんが元気なって退院されていくときは嬉しいですし、急変
  して元気だった患者さんの状態が悪くなっていく姿や残念ながら亡くなったりす
  ると悲しい思いもします。患者さんの命を預かるわけで決して楽な職種ではない
  し、責任もあり大変な仕事です。大変ではありますが看護師をやっていて良かっ
  たと自信をもって言えます。

  この仕事に誇りを持っています。知識・技術に関してまだまだ努力は必要です。
  日々勉強が必要です。大変な思いや、辛い思いをしても、これまで関わった色々
  な方との出会いが自分自身の成長へと繋がっていると感じるからです。

  看護師を目指し日々頑張っていると思いますが「看護観」「目指したい理想の看
  護師」などあると思います。皆さんの思う看護観、理想の看護師をあきた病院で
  目指しませんか?

  経験豊富な先輩看護師も多く、教育体勢もしっかりしておりサポートも充実して
  います。とても働きやすい環境だと思います。是非、興味がある方はあきた病院
  に就職してください。一緒に働きましょう。お待ちしています。







北1病棟 看護師 疋田純男(パパナース)



  私とあきた病院との出会いは、看護学校時代の恩師から声を掛けて頂いたこ
  とがきっかけでした。私は、これまで重症心身障がい児(者)、筋ジストロ
  フィー、神経内科病棟を経験し、現在は重症心身障がい児(者)病棟で勤務
  しています。慢性期療養型の病棟では、私たちが関わった分だけ患者様から
  の反応や答えが返ってきます。細やかな表情の変化や言動など全身での合図
  が見られた時は、自分が関わったことが反映されたと実感し、とても嬉しく
  思います。


  現在、私は子育て真っ最中です。子どもの学校行事やスポ少などに、子ども
  と共に汗をかき参加することで我が子の成長を肌で感じることができ、とて
  も充実しています。仕事と育児を両立できているのは、病棟師長をはじめ職
  場のスタッフの協力があるからこそであり感謝しています。


  あきた病院では人工呼吸器に関わることが多いですが、新人教育研修も充実
  しており、プリセプターはじめスタッフ全員で日々サポートしています。や
  りがいを感じることが出来るように、私たちと共に頑張りましょう。






北1病棟 看護師 小笠原亜香里(プリセプター)


  看護師になって、やりがいや楽しいと感じたことは何ですか

  慢性期病院は、処置が少ないとイメージを持たれる方が多いと思います。
  しかし慢性期病院であるからこそ、様々な症状、一人一人が必要な看護が異
  なったりと看護師になって様々なことが経験できました。患者さんとの出会
  いがあるたびに学びがあり沢山のことに取り組めています。


  あきた病院を選んだ理由を教えてください。

  看護学校2年の時に、慢性期病院に就職したいかなと漠然と進路を考えていた
  私に担任の先生があきた病院を勧めてくれたのがきっかけでした。病院見学に
  実際に行ってみて、スタッフの皆さんが患者に積極的に関わる姿勢や病棟内の
  雰囲気が、今まで見た病院の中で特によかったのが印象的でした。また見学の
  際に当時実習で思い悩んでいたことを打ち明け、真摯に対応していただき解決
  できたことも心に残っています。


  看護師を目指す皆さんへ

  自分が看護師になったら、どんな看護がしたいかをじっくり考え、なりたい自
  分になれる病院を選んでください。その中で、慢性期病院に関心がある方は、
  是非あきた病院に来てみて下さい。





    | 著作権について 施設名称の変更について住所表示変更について個別郵便番号について

  独立行政法人国立病院機構 あきた病院
  〒018-1393 秋田県由利本荘市岩城内道川字井戸ノ沢84-40 TEL 0184-73-2002 FAX 0184-73-2370
  Copyright(c) 1999-2012 National Hospital Organization Akita National Hospital. All Rights Reserved.
  このサイトに掲載されている記事・写真・イラストなどの無断転載を禁止します。