MENU

医療関係者様へ

医療安全管理室

安全な医療、安心できる療養環境を
提供できるよう活動しています。

医療安全管理室の活動

医療安全管理室構成員 24名
  • 医師1名
  • 医療安全管理者1名
  • 各部署リスクマネージャー22名
主な活動
  • 安全管理部門の業務に関する、企画立案及び評価の実務を行う。
  • 定期的に院内を巡回し、各部門における医療安全対策の実施状況を把握・分析し、医療安全確保のために必要な業務改善等の具体的な対策を推進する。
  • 各部門における、医療安全推進担当者への支援を行う。
  • 医療安全対策の、体制確保のための各部門との調整を行う。
  • 医療安全対策に係る体勢を確保するための、職員研修を企画・実施する。
  • 相談窓口の担当者と密接な連携を図り、医療安全対策に係る患者・家族の相談に適切に応じる。

活動の一部

  • 医療安全研修

  • 医療安全ポケットマニュアル

※医療安全管理委員会では、医療安全規程や医療安全マニュアルの作成・改訂、病院職員への教育、インシデント・アクシデントの情報共有などの検討、決定機関として医療安全の推進のために活動しています。
※医療安全研修は、年間17項目の研修計画を立案し、他部門と連携を図り職員の教育活動をしています。
※医療安全ポケットマニュアルは、平成26年作成して以来毎年改定を行っています。いつも携帯することで、困ったときにすぐ取り出せるという簡便さが喜ばれています。

© 2020 独立行政法人 国立病院機構あきた病院