MENU

看護部門

院内教育

上のボタンより見たい研修を選んでください。各研修の案内へ移動します。
下のボタンより看護職員能力開発プログラム(PDF)がご覧になれます。 ※別窓が開きます。

新採用者研修

  • 新採用者 オリエンテーション

    職員としての自覚を持ち、組織の一員として行動できる事を目的とした研修です。

  • 看護技術研修

    看護上必要な基本的技術の習得ができる研修です。
    人工呼吸器は必須です。

  • リフレッシュ研修

    あきた病院職員としての帰属意識を高め、他職種への理解を深めると共に新人同士の結びつきも強まります。

  • フォローアップ研修I

    KYTの実践を通して安全管理の基本的な考え方を学び、フリートーキングでお互いに意見交換をします。

  • フォローアップ研修II

    急変時想定のロールプレイングやBLS研修を通して実践に備えます。

  • 他病棟研修

    配属以外の病棟で5日間実習し、政策医療の専門的な看護を経験できます。

  • フォローアップ研修Ⅲ

    一年を振り返り、2年目の課題を明確にします。

経年別研修

  • 卒後4~5年目研修

    看護チームにおけるリーダーシップの学習を深め、目標達成に向け実践に取り組む研修です。

  • 卒後3年目研修

    新人看護師の指導ができると共に、自分自身も成長できるプリセプター研修を行います。

  • 卒後2年目研修

    患者の個別性をとらえて実践した自分の看護をケーススタディで振り返ります。

専門領域研修

  • 人工呼吸器患者の看護

    人工呼吸器装着患者に安全で安心できる看護を提供するために実践的な研修を行います。

  • 感染対策研修

    感染防止対策が実施でき、安全な医療、安心できる療養環境を提供できるよう研修を行います。

  • 褥瘡研修

    患者のADL向上を図り、褥瘡予防できる知識を学びます。

  • 医療安全研修

    安全な医療、安心できる療養環境を提供できるよう研修を行います。

  • 看護理論研修

    質の高い看護を提供するため、理論からシステムまで学びます。

  • その他看護研究等

    専門的知識技術の向上を図り、質の高い看護を提供するため、研究的な視点で取り組みます。

ラダープログラム

あきた病院では、卒後5年目以上の看護スタッフを対象として、当院の特色である政策医療分野(重症心身障がい、神経・筋疾患、呼吸器疾患)の専門的知識 ・技術・態度を育成し、主体的、かつ責任をもって看護実施できる人材の育成を担う能力開発プログラム3コースの研修を行なっています。

能力開発プログラム あきたナースラダー (1)摂食機能ラダー:のハート
(2)人工呼吸器ラダー:のハート
(3)フリーランス

自己研鑽に励み所定の知識・技術が認定された場合、認定証とネームストラップ・ネームケースが贈られます。
名札に認定の種類のシグナルが表示されています。

◆ステージI認定:
ピンクのネームストラップとケース
◆ステージII認定:
ブルーのネームストラップとケース
◆ステージIII認定:
ブラウンのネームストラップとケース

新人看護師の指導ができると共に、自分自身も成長できるプリセプター研修を行います。

資格取得支援

あきた病院では、資格取得を目指す看護スタッフ(認定看護師を目指す方、専門的な勉強をされたい方など)を対象として、様々な支援を行っております。

認定看護師 対象:
卒後4~5年目の臨床経験、3年の実務経験、
看護部長室にて選抜し、院長が適当と認めた看護職員 

外来受付時間

初診の方

8:30~11:00(月~金)

※再来は予約制となっております。

休診日

土日・祝日・年末年始

お電話での受付

TEL:0184-73-2002

© 2020 独立行政法人 国立病院機構あきた病院